MENU

 別に気取っていたわけじゃないんだけれど、何となくお嬢様が通うような大学に行きたいって気持ちがあったんです。
もちろんそれなりの勉強をしたいと言う考えがあったからこそ、お嬢様の行くような女子大を目指すようになったのです。
もちろんお嬢様が行くとなると、入学金だとか学費といったものはとても高額なものになってしまうのですが、一人っ子の私のために両親は無理をしてでも進学させたいと言ってくれたのでした。
学校の勉強的にも、私の成績だったら入学することはできるだろうという事で、お嬢様が通う女子大の受験をすることになったのでした。
受験会場ではちょっと驚いてしまったのですが、やっぱり雰囲気が全く違うんです。
お金を持っている女性たちがそこらじゅうにいるんだから、今まで感じたことがないようなオーラというものを感じてしまいました。
それでも勉強のためにもどうしてもこの学校には行かなければならない、夢中になって試験もやって合格することができたのでした。
両親はかなり経済的には負担をかけてしまっているみたいですが、大学を卒業するまではちゃんと面倒をみるからと言ってくれました。
ほんの少しのお小遣いをもらうこともでき、あとはアルバイトで何とかすればいいやって思っていたんです。
憧れだった大学でのキャンパス生活だから、当然楽しくてしかたがなかったのですが、周囲との格差を感じるようになってしまっていました。
周囲の人たちは皆んなブランドものの、高額な服やバックを持って歩いているのです。
大変高額なもので着飾っていて、それが羨ましい気持ちになってしまったのでした。
私もあんな感じで着飾ってみたい、仲間入りをしてみたいという気持ちを強めてしまいましたが、アルバイト代ではそのような事をするのも無理だったのです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人サイトBEST5
愛人募集の成功者から学んだ優良サイト