MENU

 お小遣いが絶対的に足りない、これって凄く悲劇的だなって感じてしまったんです。
私はあるお嬢様が通うような女子大に入学をしてしまったのです。
周囲は、お金持ちの女性たちだらけ、こんな学校に通ったんだから自分だってお金を持っているんだろう?って思うかもしれません。
だけど、実はそうじゃありませんでした。
周囲の人たちは皆んな富裕層なんだけれど、私は一般的な過程で生まれ育ちました。
この大学に進学するために、親がかなり無理をして学費を出してくれたのでした。
もちろんお小遣いなんか本当に少ないから、自分でアルバイトをして稼ぐしか方法がないのです。
だけどアルバイト代ってとても安いですからね。
周りの人たちはブランド物だとか、凄く高価な服装やバックを持って、着飾っているのを見て凄く羨ましくなってしまったんです。
だけど、一般的な過程の私では、そんな感じで着飾ることなんて不可能なんです。
アルバイト代でやる事も可能だし、ただ羨ましいって思うばかりだったんです。
だからパパ活してお小遣いをもらおうなんて考えるようになってしまいました。
インターネットで検索した愛人掲示板って見つけ出すことができちゃったんです。
ここでパパ募集していけばお金持ちの人と知り合って、関係を持ってたくさんのお小遣いを貰えるって思ったんです。
愛人募集のための専用の愛人掲示板ですから、リッチなパパ探しはとても楽にできる、愛人契約していっぱいお金をもらって私もき飾りたいって思うようになりました。
愛人募集掲示板の中はたくさんの書き込みがあるし、多くの人たちが出会いを探していました。

きっと出会いを見つけやすい掲示板なんだと思って、私もここで相手探しをすることにしたのでした。
インターネットならこういう関係は絶対に気軽に見つかるはずだってそう思っていたのです。
お金持ちの人って若い女性と関係を持ちたいと思う方が多いから、きっと私を見つけて気に入ってくれてる人が現れるに違いないと思いました。

 

 キャンパスにいる友達たちのように、私も豪華に着飾ってみたいって気持ちがとても強くなってしまっていました。
親にこれ以上お金をもらうことはできませんし、アルバイト代では焼け石に水って感じです。
だからお金持ちのパパを探そうと思って、検索で見つけた愛人掲示板で、お小遣いをくれる優しい人を探してみることにしたのです。
私は掲示板を使えば気軽に相手を探すことができる、そう思っていたのです。
インターネットの出会いの知識がないまま、相手を探す行動に出てしまったのでした。

 

 

名前:流川 玲美
性別:女性
年齢:19歳
プロフィール:
 お嬢様の通うような女子大に入学したのはいいのですが、実は両親はかなり無理をしてお金を出してくれている状態なんです。
決して富裕層ではないので、お小遣いが多いわけでもありません。
周囲の友達たちなんか、凄く高価そうな服やバックを身につけているのに、自分はそれができないのが何となく寂しく感じていました。
だからパパを探してお小遣いをもらったらいいんじゃないか?って思うようになっていったんです。